小児歯科・フッ素塗布

小児歯科

◆小児の虫歯は年齢によって歯数に変化があったり、乳歯永久歯の萌出状態(生え始め・半分程度に歯が生えている・完全に歯が生えている・乳歯と永久歯の交換期で不安定な時期等)が違ったりすることでその特徴も異なります。
家庭で保護者の方が充分に管理していると思いますが、肉眼で見えない部分、確かめられない点がお口の中には数多くあります。また、成長期のお子様の体は刻一刻と変化していきますから常に検診が必要です。

◆乳歯、生えて間もない永久歯のむし歯治療と予防はもちろんですが歯の生えるのが遅い、フッ素を塗りたい、検診を受けたい、歯みがき指導を受けたいなど、乳幼児のお子さんのご相談やご希望がありましたら気軽にお越し下さい。

◆「うちの子は歯医者で大泣きするのですが診てもらえますか」という心配の声をよく聞きます。
当院ではお子様を無理やり診療することはありません。
まずは和やかな雰囲気でお迎えし、お子様の様子を見ながら対応しています。保護者の方も安心したお気持ちでご来院頂きたいと思います。

小児歯科のむし歯予防

フッ素塗布

◆フッ素を塗ることで、歯のエナメル質(一番表の部分)を強くしてむし歯になりにくくします。定期的に塗布することでより効果を発揮します。
以前はフッ素塗布と言えば「すっぱい」のが難点でした。保護者の方ご自身も子供のころに経験された方もおありだと思います。現在では幼児でも無理なくフッ素塗布が受けられるよう味や香りに工夫がなされたフッ素塗布製品があり、当院でも採用しています。下記の2種類の塗布方法から、お子様の状態に合った方法を選択します。

  1. ゼリー状フッ素塗布

    フッ素1

    さわやかなリンゴの香りゼリー状の塗布剤を歯面に塗ります

  2. フォームトレー法

    フッ素2

    フォームをトレイにのせ、お口の中に入れます

  3. ◆フッ素塗布は定期的継続して行うことが虫歯予防として有効です。乳歯の時期から、永久歯がすべて生え変わるまで更にそのあとも継続することをお奨めします。
    フッ素塗布は保険外診療ですので自費診療です。半年に1度、定期的に継続することをお奨めしたいため、当院ではフッ素塗布1回1050円(税込)と利用しやすい設定にしました。  (フッ素塗布は乳歯の時期だけに行えばよいのではありません。乳歯から永久歯が生え換わる時期、永久歯が生え揃う時期になってもフッ素塗布を行うことが望ましいです。生えたばかりの永久歯はまだ歯の石灰化が完全ではなく非常に虫歯になりやすい状態にありますのでこの時期にフッ素塗布を行うことはとても有効です。)
    最近ではフッ素入りの歯磨き粉が多く市販されています。歯磨き粉に含まれるフッ素と歯科医院で行うフッ素は濃度が違います。歯科医院でフッ素塗布を受け、フッ素入り歯磨きをご自宅でご利用いただくとよいと思います。

    予防充てん・シーラント

    ◆歯のかみ合わせの面(咬合面)の溝にレジン流し込み、虫歯になるのを予防します。この方法は歯をけずらないで6歳臼歯や乳歯の奥歯の複雑なみぞを白いレジンでふたをして虫歯を防ぎます。

    1. 術前

      予防充てん1

      歯のかみ合わせの面の溝はむし歯になりやすい深い溝があります。

    2. 術後

      フッ素2

      溝に白いレジンを流し込みます。この方法は歯をけずらないで奥歯の複雑な溝をレジンでふたをしてむし歯を防ぎます。

ページの先頭へ