むし歯・無痛治療

「出来るだけ痛くない治療を」という要望に応え、 麻酔下による無痛治療を行っています。
当院では患者様の麻酔の痛みを抑えるためにいくつかの工夫があります。これらの工夫をすることにより患者様の麻酔に対する痛みは最小限に抑えることができます。

歯科の無痛治療

表面麻酔

無痛治療・表面麻酔

麻酔は細い針の使用や塗り薬の麻酔の併用、 さらに呼吸法を応用して針が刺さるときの痛みを 軽減させるようにしています。

電動麻酔器

無痛治療・電動麻酔器

電動の麻酔注射器を使用してゆっくりと麻酔液を 注入することにより、強圧からくる痛みを起こさないよう 心掛けております。

むし歯

むし歯

むし歯の特徴

・ほとんど無機質だけで出来ている歯に起こる
・歯はほとんど無機質なので、一度壊れると自然には治らない
・病気は必ず歯の表面から始まる
・病気は歯の表面にくっつく歯垢が大きな役割を果たしている
・かかりやすさは同じ人の口の中でも歯の種類によって著しく違う
・同じ人でも、歯が生えてからう蝕のかかりやすさは年を追って変わってくる

むし歯の進行 C1

むし歯の進行 C1

・痛みを感じなくても虫歯は始まっています。
・歯に黒い着色や白濁(白い斑点)で始まります。
・この段階では痛みがないので、自分で発見することはできません。
・この段階での歯科医師による適切な処置が大切です。

むし歯の進行 C2

むし歯の進行 C2

・冷たいものがしみる段階です。
・象牙質にまで進行している段階。
・冷たいものがしみるなどの自覚症状が現れます。
・さらに進むと熱いものまでしみるようになります。

むし歯の進行 C3

むし歯の進行 C3

・痛みが強く出る段階です。
・むし歯が歯髄に達すると炎症が起こり、歯髄内の圧が高くなります。このガスによって神経が圧迫され痛みを生じます。

むし歯の進行 C4

むし歯の進行 C4

・歯の痛みはおさまりますが、骨へ炎症が波及する可能性があります。
・歯冠部(歯の頭の部分)がなくなり歯根だけになります。
・痛みを感じることはなくなりますがさらに進行して根尖に膿のかたまりができると、歯ぐきの腫張や痛みがでてくることがあります。
・ここ迄進行すると治療に大変な手数がかかります。

ページの先頭へ